記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

The Taking of Pelham 123

1974年に上映された映画のリメイクです。残念ながら1974年版は見逃してしまいましたが、2009年版はTony Scott監督のもとテンポにいい流れでの作品に仕上がっています。ニューヨークの地下鉄でハイジャックが起こるという内容のものですが、偶然にも交渉人になってしまった従業員、Walter Garberの役をDenzel Washingtonが彼らしい説得力のある演技をこなしています。犯人の中心人物、RyderをJohn Travoltaがこれもまた彼らしい早口...

続きを読む

Hail, Caesar 2016

舞台は50年代のハリウッド。映画の全盛期を示すようにスタジオでは多くの作品が撮影され、それをまとめる制作会社の担当のEddie MannixをJosh Brolinが演じています。今の時代ならスマホに叫びまくるところなのでしょうが、この時代は優秀な秘書がスケジュールから状況を随時連絡します。そんな中、役者の1人である、Baird Whitlock演じるGeorge Clooneyが誘拐されます。誘拐されたことに対して慌てることなく、身代金を用意し支払...

続きを読む

Deadpool 2016

Marvelのヒーローシリーズの1つであるとは評を読むまで知りませんでした。X-Menを育成する学校が出てくるところからX-Menシリーズの1つなのでしょう。X-Menの場合は既にミュータントである場合が多いですが、コメディアンまがりの男Wadeが女性Vanessaと出会い将来を約束する際に末期の癌であると報らされます。そこへ病気を治すことが出来るとの闇の言葉に釣られ実験治療されます。X-Menにも出てくるWolverineを創りあげた実験で彼...

続きを読む

10 Cloverfield Lane

2008年に「Cloverfield」という映画が上映されました。宇宙人が突然地球を襲い、ニューヨークを滅茶苦茶にするという内容でした。製作したのは、Star Wars最新作の監督を担当したJ.J.Abramsでした。今回の作品も製作を担当し、名前から「続編」ではないかと噂されたほどでしたが、内容は異なるものです。恋人と別れ、街から離れようとしていたMichelleは交通事故に遭遇し、気がついたら部屋に閉じ込められています。やがてHowardと...

続きを読む

The Reader 2008

体調を崩した少年がある女性に助けられます。15歳の彼にとって女性の存在は、未知の世界に導かれるには最適すぎました。関係を持った後読み聞かせをすることも少し不思議な行為ではありましたが、若い彼にとってそれはいわゆるデザートみたいなものでした。女性にしてみればそれほどの意味のある関係ではなかったようです。You don't have the power to upset me. You don't matter enough to upset me.と言い切るところからも解り...

続きを読む

Inglourious Basterds 2009

個人的に監督のQuentin Tarantinoの映画はあまり好みではありませんでした。Kill Billのシリーズは少し乱暴的な感じがしました。この映画はTarantinoの作品の中では若干暴力シーンが少ない作品ではないでしょうか。まずは発想が面白いです。Brad Pitt演じる中尉が兵士の前で、My name is Lt. Aldo Raine and I'm putting together a special team, and I need me eight soldiers. Eight Jewish-American soldiers.と言って第二次大...

続きを読む

The Hunt for Red October 1990

James Bondで有名なSean Conneryが船長を務める冷戦時代のソ連の最新装備された潜水艦を使用し自ら亡命しようとし、それを受けようとする米国サイドとのやり取りを緊迫感溢れる演出でまとめられた作品です。潜水艦の中と外で繰り広げられる間接交渉は、相手のことを知り尽している情報委員により意外な結末を招くことになります。お互いの状態の裏をかきながらAlec Baldwin演じる情報委員が関係する周りの関係者を説得していくとこ...

続きを読む

Remember 2015

アウシュビッツを題材にした映画は数多くあります。当時の様子を知る人の多くが年を取られていくのは時の流れとしては当然ですが、この作品はその中に現代壮年をも悩ませる病気を重ねています。自身も高齢である、Christopher Plummerが演じるのは認知症と診断され老人ホームに滞在するZevというユダヤ人という設定になっています。同じホームに滞在する「友人」のMaxから彼の妻が亡くなったらあるミッションを遂行することを思い出...

続きを読む

Where to Invade Next 2015

映画好きの人でMichael Mooreの名前を知らない人はいないでしょう。アポなしの強行手段で政治家などにいきなり難問を突きつけて可能な限り事実を導きだそうとする姿を収めるドキュメンタリー映画監督です。コロラド州で自分たちの高校を銃撃した生徒が犯行を犯す前にボウリングをしていたという内容の映画でアカデミー賞を受賞して注目されました。その後9.11を扱った内容や方々の業界を揺るがす内容でさらに注目されています。今...

続きを読む

Star Trek: The Wrath of Khan 1982

シリーズが誕生して2016年の今年で50年のようですね。この作品はシリーズが映画化されて2作目となっています。1作目はお世辞にもいい映画とはいえませんでした。1979年に上映されたところから考えるとStar Warsに対抗しなくてはと焦ったのでしょうね。内容的にそんな印象を受けました。ところがこの第2作目は見ごたえのある作品になりました。特筆したいのは当然ながらRicardo Montalbanの演技です。過去にWilliam Shatner演じるCa...

続きを読む

Wargames 1983

今の時代の子どもたちがこの映画を観たら単なる時代おくれの話題だけにどう観たらいいかわからないでしょうね。ネットにつながるのに電話を使わなくていけないなんて説明できる人も少ないのでは。しかし、この時代を生きた人間にとっては懐かしい以上にこのような事態が可能性としてあったことが恐ろしく思い出されます。若き頃のMatthew Broderickは今で言う「ハッカー」でいろんなところに侵入しては状態を楽しんでいました。あ...

続きを読む

Men in Black 1997

メキシコから米国へ移民しようと移動するバスの中に1人言葉が解らない人物が実は人間ではなく異邦人であったというところから映画は始まります。そのような物体(?)を捜査する機構に勤めるのが映画のタイトルのエージェントたちなのだそうです。異邦人を目撃したところを記憶から消す機械があったり、SFらしい武器があったりと楽しませてくれますが、異邦人たちが少し気持ち悪い存在であったの残念でした。やはり異邦人としてこの世...

続きを読む

Predestination 2014

What if I could put him in front of you? The man that ruined your life. If I could guarantee that you'd get away with it, would you kill him?という台詞から始ります。話の中心は、ある男がEthan Hawke演じる男がバーテンダーをしている店を訪ねるところから奇想天外が内容に展開します。簡単に言えばタイムマシンを操り過去に戻り、前述した状況に至った場合どうするかということなのでしょうが、男性が語る過去の内容が...

続きを読む

Gravity 2013

大気圏外には多くの飛行衛星が散乱しているとか。宇宙ステーションが出来て宇宙に在住することも夢ではなくなってきている中で事故が起きます。医学エンジニアとして宇宙ステーションに送られたDr. Ryan Stone演じるSandra Bullockはその状況の中なんとかサバイバルできる道を探ります。引退間じかの宇宙飛行士、Matt Kowalsiki演じるGeorge Clooneyと共に極限の状態を乗り切ろうとする様子が息をつく間もなく見事に流れていきます...

続きを読む

「一番好きな映画は何ですか」との質問に対してこの作品を述べるのですが知っている人が少ないせいか、いい反応を受けたことがありません。それもそのはず、映画は2人のおっさんが題名とおりDinnerにおいて喋るだけの映画なので多くの人は面白く思わないようです。しかし上映されたとき、大きな話題となりました。評論家の間でも高い評価を受けた作品です。久しぶりに2人のおっさんが会い、まずは近況の話からやがて哲学的な内容に...

続きを読む

The Big Chill 1983

前回紹介したBody Heatの脚本・監督を担当したLawrence Kasdanが脚本・監督した作品です。後に出演者の多くが他の作品にて役者としての存在を強めていきますが駆け出しでありながらもそれぞれの印象強い演技が光っています。大学時代を共に過ごした友人の1人が自殺を図った葬儀に参列するため旧友たちが久しぶりに集まり、過去、現在、未来について語り合います。卒業後それぞれが異なった道を歩みながらも当時の様子を振り返り現...

続きを読む

Wag the Dog 1997

大統領本選挙の2週間ほど前に大きなスキャンダルが2期目を狙う現職大統領を襲います。Robert De Niroがその場をつくろう専門家として召集されます。問題が大きいだけに生半可な「修整」ではすまないところからDustin Huffman演じる映画プロデュサーを訪ね勝手に国を選びその国と「戦争」をしかけてメディアはじめ国民の視線をそちらに向かせるように仕向けます。戦場のシーンなどCGを使用してあたかも本当に「戦争」が行われている...

続きを読む

Field of Dreams 1989

野球ファンにとってははずすことのできない作品です。If you build it he will come.という台詞は映画ファンでは知らない人はいないほど有名な台詞になっています。普通に青年時代を過ごしたRayは、妻となるAnnieと学生結婚し、そのまま農家になるべく米国中西部のIowaに移住します。ある日、前述したIf you build it he will come.という言葉を聞き、野球場を造れば野球選手のShoeless Joe Jacksonが訪ねてくると考え畑を野球場に...

続きを読む

Jurassic Park 1993

Gandhiの監督を紹介したらその人が出演した映画を思い出しました。Richard Attenboroughは、多くの映画に出演していますが、この映画への出演は強烈な印象を多くの人に残したと思います。内容は既にご存知の方も多くおられると思うので詳しく記述しませんが、いまだに残る「恐竜ブーム」の火付け役ともいえる作品です。映画のタイトルにもあるように6500万年前の生物がほぼ現在に戻るわけですからロマンに溢れた題材であると思いま...

続きを読む

Amadeus 1984

その人の名前は知らなくとも、音楽を知っている人は多いでしょう。Mozartの名前、Amadeusがタイトルとなった作品です。Salieriというイタリア人の音楽家がMozartを呪い殺したと言われているストーリー展開で映画は進みます。個人的には映画のもととなった劇を観て感動し、映画では舞台がさらに豪華になり期待していました。期待とおりに豪華すぎるくらいの舞台設定に圧倒されました。それにしても映画の中でのMozartの笑いは音楽の...

続きを読む

Kramer vs Kramer 1979

映画とは不思議なものです。この映画を最初に観たのはまだ独身で子どもを持つなど考える隙間もない頃でした。その時のこの映画の印象はあまりありませんでした。その後人並みに結婚し、息子を持つことになった後この映画を観たとき涙がとまりませんでした。映画とはその人の人生の節目によって変わるのだなと痛感しました。Dustin Huffman演じるTed Kramerはある日Meryl Streep演じる妻が家を出て行くこととなり、息子のBillyと2人...

続きを読む

Gandhi 1982

作品を初めて観たとき、Ben Kingsleyは、この人の役をするために生まれてきたのではないかと思ってしまうほどはまり役であるように思えました。解説するまでもなく非暴力主義でその考えを多くに伝えようとしたGandhiを描いた作品です。Gandhiの考えはインドを英国連邦から独立へと導きますが、国内においての問題は独立すること以上に大きな問題となっていました。その様子を今では考えられないほどの大きなスケールで創られていま...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。