FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Terminator 2 : Judgement Day 1991

Arnold SchwarzeneggerがスマホゲームのコマーシャルでHasta la vista, baby.と言っていますがその台詞はこの映画で使われて有名になりました。他にはI will be back.が有名ではありますが、第一作のTerminatorとこの作品においてのKey wordは、Come with me if you want to live.です。この言葉を聞いて以前自分たちを殺しに来たサイボーグが今度は違う存在であるとSara Connerは感じます。前作のTerminatorで自分を救うために未...

続きを読む

Psycho 1960

4月29日は「昭和の日」でありますが、映画界においてはHitchcockが亡くなった日でもあります。Hitchcockは知らなくても映画の題名のPsychoは聞いたことがあるという人も多いでしょう。映画好きにおいては外すことのできない作品です。シャワーシーンに始って、最後のクライマックスまでの構成は、映画のテキストとも言われるほどです。Hitchcockは多くのサスペンス映画を製作しましたが、この1作は群を抜いて有名です。残念なこと...

続きを読む

Dead Poets Society 1989

以前紹介しました、Witnessの監督、Peter Weirの作品です。母校に新任教師として英語というより国語の教師として赴任した教師と生徒たちの関係を描いた作品です。意外かもしれませんが、欧米では多くのエリートは年少時代から寄宿舎を要した学校に入学し、いわゆる帝王学を学びます。また意外なことに共学であることが少なかった時代もありました。規律の厳しい学校の中でRobin Williams演じるKeating講師は生徒たちに自分で考える...

続きを読む

Now you see me 2013

別々の場所でマジックのトリックを披露している4人のマジシャン。ある日不思議なカードが各自に届き「Four Horseman」(1人は女性ですが)との名前でそれから1年後ラスベガスに颯爽と登場します。パリの銀行を強盗したり、スポンサーである保険王から資産を奪ったり観客が喜ぶスタントを繰り返しながらもFBIの追っ手をくらます手口などは圧巻です。4人が集合してから1年の間に何があったのかはっきり示さないところに流れとして無理...

続きを読む

Shakespeare in Love 1998

Taxi Driverは40年でしたが、こちらは没後400年になるそうです。演劇の世界では知らない人のいない、Shakespeareが亡くなってから400年経つとのことで今年(2016)は、多くのイベントが世界中で開催されているようです。そのShakespeareが名作、Romeo and Julietを創作する際に恋におちるという設定の作品です。演劇の台詞がそのまま映画で使用されていくところなどJohn Madden監督の演出が素晴らしいです。この映画でアカデミーを受...

続きを読む

Taxi Driver 1976

映画が上映されてから40年の月日が経った今でもDe Niro演じるTravisが鏡の前で、Talking to me?と自問するシーンは有名です。今のDe Niroの存在を考えると新鮮すら感じる作品です。監督はMartin Scorsese。こちらも今や映画ファンで知らない人はいないほどの監督ですが、この映画の時期はまだ駆け出しという時期でした。監督や役者もですが、それに加えて脚本を担当したPaul Schraderもこの映画から飛躍しました。保守的なバックグ...

続きを読む

Purple Rain

この原稿を書いているのは2016年の4月22日ですが、現地時間の4月21日にこの映画の主人公であるThe Kidを演じているPrinceが亡くなったとのニュースが流れました。よくMichael Jacksonと比べられたりしましたが、彼の独自のパフォーマンスはMichael以上に反響をよんだように思えました。映画は、彼の自伝とのことであるとも言われていて、ライブのシーンは彼の基盤となったライブハウス、First Avenueで撮影したのをそのまま使用さ...

続きを読む

The Queen 2006

今年で90歳になられる英国のエリザベス女王。以前紹介したKing’s Speechの王様のお嬢様であられますが、それにしても90歳でまだお元気に公務を務めておられるのには頭が下がります。そのエリザベス女王の人気が危なくなった事件を扱った作品です。1997年の夏、人々から愛され、女王になるべく人であったダイアナ妃が自動車事故で亡くなります。既にチャールス皇太子とは離婚され王室とは無関係になったとのことで亡くなったことに...

続きを読む

Contagion 2011

ジカ熱が話題になっている今日です。こちらの病気は、蚊からうつるとされていますが、正体不明な病原菌によって病気が世界中に瞬く間に拡がる様子を描いた作品です。原因が何であるかのおおよその予想は専門家が探りだすのですが、実際どのように拡散が始ったのか、最後になってわかるように作られています。そのせいか映画は、Day 2というテロップから始まります。その後日数が増えるにつれて被害者が増えていき、パニックを招い...

続きを読む

Being There 1979

生まれてから屋敷から出たことのない、Chance。屋敷の主である老人が亡くなったことにより、その屋敷から出なくてはならなくなります。彼はテレビの世界しか知りません。身の回りの世話をしてくれたお手伝いさんもお役御免となり、出て行くことろなります。どうやって「外」の世界でやっていけるのでしょうか。Chanceを演じるのはPeter Sellers。モノトーンの語り方でユニークなキャラをうまく引き出しています。物事を全テレビ感...

続きを読む

Eagle Eye 2008

近年、Artificial Intelligence(AI) 、いわゆる人工知能が話題になっています。この映画はそれがどのようなことを起こすことが可能なのかフィクションでありながら現実味のある作品です。確かに状況に少し無理がありますが、コンピュータが関わることは全てどこからかでコントロールされているわけですからそれを操ることは十分に可能であります。主人公のJerryとRachelはまったくの赤の他人ですが、招待不明の女性から突然連絡を...

続きを読む

Hannah and Her Sisters 1986

以前Match Pointを紹介したときにAllenの映画はニューヨークであると記述しました。この映画はまさにそれを証明しているかのようにニューヨークの魅力的な場所が多く出てきます。米国では11月の第4木曜日が感謝祭の日となっており、家族が集まる時期とされています。家族が集まる様子を背景に長女のHannahを中心に3姉妹の生活ぶりを描いた作品です。長女の夫は3女のLeeにあこがれ、関係を持ったり、次女のHollyは落ち着かない性格...

続きを読む

Dave 1993

こちらは一味違った大統領を扱った作品です。事情により代役を使いその場を逃れる大統領。ところが楽しみの途中で本当に代役が必要となることに。代役を仰せつかったDaveは、暫く大統領になりすますこととなります。ネットが氾濫している今の世の中でこのようなことがまかりとおるとは思えませんが、「本物」の大統領が冷たい感じがする人であったことからDaveの人柄がイメージを変えていきます。当然ながら仕掛けた者たちは黙って...

続きを読む

The American President 1995

アメリカ大統領の気質が問われている昨今。この映画の大統領は、男やもめ(?)で環境法案を押す活動家の女性と恋に落ちるという設定になっています。映画の中でもリーダーシップを問うシーンがあり大統領のみならず世界のリーダーに対して考えさせられます。この映画のユニークなところは2人の恋の行方を気にしながら法案を通すための取り引きなど政治においてのやり取りも見られるところです。状況からメディアが片時も2人を放って...

続きを読む

Match Point 2005

Woody Allenといえば、ニューヨーク。彼の映画の多くはニューヨークが舞台となり、行ったことない人でもニューヨークがどのようなところかわかるほどニューヨークをうまく撮影し、ストーリーを伝えてきました。そのAllenがロンドンを舞台にしたサスペンスがこの映画です。映画の冒頭に出てくるテニスボールがネットに当たりどちらに転ぶかわからないという比喩をあるテニスプレーヤーに重ねてストーリーは進んでいきます。テニスプ...

続きを読む

The Firm 1993

Panama Paperという文書でさらに有名になったタックスヘイブンというシステム。米国でも比較的田舎にある法律事務所から大都市にある事務所以上の給料や手当てを提示されその事務所に就職するようになったMitch McDeere。学生時代に比べると雲泥の差の生活に慣れていく過程で同僚が、不慮の死を遂げているのを知りその背景を調べ始めます。やがて何故このような小さな事務所が報酬を支払えるのかつきとめます。FBIが知らないうちに...

続きを読む

Hereafter 2010

誰もが不思議に思う死後の世界。それを短い時間でも体験した人は死後の世界と実在の世界との橋渡しができると言われています。この映画の主人公のGeorgeは死後の世界の人と橋渡しができる人物です。その人物をMatt Damonが静かに演じています。Damonといえば、アクション映画で印象が強い役者ではありますが、この映画でのDamonは橋渡しができるのことに対して罪悪心を持つ男をうまく演じています。映画は他に死後の体験したフラン...

続きを読む

Notting Hill 1999

ある日、自分が経営するあまり調子のよくない本屋に有名女優がひょっこり訪れたら多くの人ならパニックになるでしょう。ところがこの映画の主人公はそのようなことを微塵にも見せず、他の客が万引きしようとするところ見事に止めるほど冷静なのです。その行動であったのかその後の「衝突」のせいか女優は彼に惹かれていきます。彼自身も彼女の存在を知っていながらも普通の女性のように惹かれていきます。この映画の素晴らしいとこ...

続きを読む

Roxanne 1987

フランスの有名な戯曲、シラノ・ド・ベルジュラックをコメディアンのSteve Martinの脚本で現代版にした作品です。カナダにある小さなスキーリゾートの街、ネルソンで消防署長をSteve Marinが演じています。恋の対象となるの女性をDaryl Hannahが演じています。恋敵の相手をRick Rossovichがどことなく抜けている演技で楽しませてくれます。ネルソンという小さな街だから各消防署員はそれぞれ仕事を持つボランティア。まとまりのな...

続きを読む

Bull Duram 1998

毎年野球シーズンが始ると気になる映画です。前に紹介した「Natural」とは違った野球映画です。舞台もメジャーリーグではなくマイナーリーグで踏ん張って選手、これから伸びるかもしれない選手などまぶしいステージに立たないながらもきちんとドラマがあるところが共感できます。メジャーに暫く席をおきながらもマイナーリーグ暮らしが長いCrash DavisをKevin Costnerを自身も野球好きであると納得させるほど自然と演じています。...

続きを読む

Insider 1999

タバコ産業を暴くための番組を作成する番組プロデューサー。番組は米国では知らない人はいないと言われる報道番組。有名レポーターとともに世界を駆け巡り番組を構成します。そこにタバコ産業の内面を伝えようとプロデューサーにアプローチします。扱う内容としては非常に興味深い。しかし相手は巨大タバコ産業。告白者に圧力がかかる中、番組の構成においての葛藤を実話をもとに表現した映画です。プロデューサーを演じるのはAl P...

続きを読む

Syriana 2005

混乱を極める中近東。映画では混乱している背景を色んな角度から示しています。アラブの石油の権利において中国と手を組むことにより敵扱いされる不条理に対して優秀な息子は不満を経済アナリストにぶちまけるシーンは、石油においての違った見方をさせてくれます。この頃にはそれほどの力を見せていなかったいわゆる、「イスラム国」がどのようにして形成されていったのかを見ることもできます。身勝手な「統合」のより職がなくな...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。