記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Lord of War 2005

現在世界中で起こっているテロなどの事件。その後ろには必ずと言っていいほど、いわゆる「死の商人」が関わっていると理解されています。そのうちの1人の生き様を描いた作品です。主人公のYuri Orlovを演じるのはNicolas Cage。内容が内容だけにあまり注目されなったようですが、現在のテロ問題の根源はこの映画のようなバックグランドが原因であると考えるの筆者だけでしょうか。注目したいのは映画のオープニングです。銃弾が製...

続きを読む

Up in the Air 2009

年の殆どを空の上というより航空機の中で過ごしているGeorge Clooney演じるRyan。重ねられたマイレージはついに映画の中で7名しかいない金字塔にまで達してしまっていました。彼の仕事は人を首にすること。当然ながら罵声など浴びることになりますが、Clooneyらしい冷静な演技のせいかこちらも冷静に観ることができます。映画の中で首にされた人たちの中には実際に首になった人たちもいたとか。対面しながら辛いニュースを伝えるた...

続きを読む

Ordinary People 1980

映画を知る人なら絶対というほど知られている役者、Robert Redford。Redfordが初めてメガホンを取って演出した映画は静かながら心に突きささる素晴らしい作品になりました。映画のタイトルのとおり、普通の人たちがある悲劇により「普通」でなくなっていく様をRedfordが初めての監督とは思えない演出とベテランの役者たちが作品を引き締めています。中でも母親役を演じた、Mary Tyler Moore。この映画に出演するまで70年代で知らな...

続きを読む

Iron Man 2008

主人公のTony Starkを演じたRobert Downey Jr.にとっては殆ど起死回生的な映画でした。Iron Manの役で彼は不動の人気を手に入れました。この映画の前まではアカデミーにノミネートされるほどであったのに泣かず飛ばずで道に少しそれてしまっていたようです。この映画のシリーズは3作製作されそれに加えて、いわゆるMarvelシリーズに出演し、Tony Starkのイメージをしっかり作り上げました。この映画は、Iron Manがいかにしてそうな...

続きを読む

The Paper Chase 1973

米国のみならず世界の中でもサバイバルが厳しいとされるHarvard Law School。米国には学士レベルでは法学部はないので学士修了後3年間法学専門の学校に入学することとなります。一年目が一番大変と言われているところからそのサバイバルぶりを描いた作品です。一番厳しいと言われた「契約法」を指導するのがJohn Houseman演じるKingsfields教授。その授業風景を中心にTimothy Bottoms演じる主人公のHartの苦悩を移りいく季節ととも...

続きを読む

Gone Girl 2014

鬼才David Fincherが実話をもとにした妻がいなくなるという話をFincherらしい流れで観る者を引きつけていきます。結婚5年目の日に妻がいなくなります。ところが夫はそれほど大事ではないような素振りを見せます。まるで自分が殺したかのように。Ben Affleckが夫であるとのことで最初違和感を感じましたが、すこしずつかわいそうになってくるのはなかなかの演技力であります。妻をRosamund Pikeが演じていますが、さすが多くの賞に...

続きを読む

The Natural 1984

輝かしい野球選手としてのキャリアを夢みて大都市に到着した若者に待っていたものは悲劇でしたが、16年後遅咲きプレイヤーとしてセンセーショナルを起こします。彼の過去を思い出そうとする新聞記者、球団を我が物のように私物化しようとするオーナーたち、それをよそに野球をやりたいという気持ちだけで奇跡を起こしていく流れをBarry Levinsonが見事に演出しています。野球選手をRobert Redfordが若い頃の描写には少し無理があり...

続きを読む

Trouble with The Curve 2012

80歳を超えてもなお映画製作に携わっている、Clint Eastwood。この映画では野球団のスカウトとして出演しています。監督はこの映画が初めてのRobert Lorenz。Eastwoodが関わった多くの映画の助監督を務めていたので息はぴったりという感じがしました。自身と同じく古い手法で選手をスカウトする方法に球団側は疑問を持ち、データを中心とした方法で選手を選択しようと試みます。当然ながらEastwood演じるGusは反発し、その状況をな...

続きを読む

The Dark Knight 2008

Christopher Nolanが手がけたBatmanシリーズの第二作です。第一作は、渡辺兼が出演しました。第一作では1989年の「Batman」を意識し過ぎた感があり、内容的に不安定な作品でしたが、この作品はNolan自身の「Batman」を見事に表現しています。この映画の特徴はなんと言っても「緊張感」です。残念なことにこの映画の後亡くなってしまうHeath Ledgerのレジェンド的なJokerの何をしでかすのだろうという緊張感が上映中漂います。架空...

続きを読む

Hoosiers 1986

米国では毎年3月半ばから「March Madness」と言われるバスケットボールの大学トーナメントが開催されます。いわゆる、日本の高校野球の大学バスケット版とでもいいましょうか。野球ではなくバスケットボールというのが米国のスポーツの幅の広さを物語っています。米国中西部にインディアナという州があります。小さな街の高校バスケットチームが周りの予想を覆し州のチャンピオンになるという実話をもとにした映画です。そのチーム...

続きを読む

Witness 1985

在米の頃、ペンシルバニア州を訪ねたときにこの世のものとは思えないパンケーキに遭遇しました。そのときには気がつきませんでしたが、知らないうちにアーミッシュという宗教集団の街にいたのでした。そのアーミッシュを題材にした映画です。伯母を訪ねるべく8歳の息子との道中のフィラデルフィア駅構内で息子が殺人を目撃してしまいます。事件を担当した刑事が息子から犯人を割り出したところから息子が狙われる立場になり、刑事...

続きを読む

The Intern 2015

仕事の一線から引退したRobert De Niroが退屈になってきた隠居生活から抜け出すべく、新興企業が応募していたインターン制度に申し込みます。その際に製作した自己紹介ビデオが彼の温和な性格が出ていてどのようなインターンになるか解る内容です。De Niroというと短気で攻撃的なイメージがありますが、この映画ではいい年の取り方をしている老人の役を自然と演じています。会社のCEOをAnne Hathawayが演じています。会社が大きく...

続きを読む

Moonstruck 1987

ニューヨークと言っても広く、マンハッタンとブルックリンとでは同じ地区でも異なる一面を持っています。東京でも下町と山の手では違うのと同じようなことです。ブルックリンで目立たない生活を過ごすCher演じるLorettaは交通事故で夫を失いますが、そろそろ「いい人」なJohnnyと再婚してもいいのではないかと思いはじめます。イタリアに住む母親が病に倒れたとのことでJohnnyは旅立ちの前に彼女にプロポーズし彼女は受け入れます...

続きを読む

Sleepless in Seattle 1993

少し暗い映画が続いたので明るい映画を選んでみました。今や知らない人はいないTom Hunksの比較的初期の映画です。相手役をしたMeg Ryanもこの映画から少しずつ知られるようになりました。この映画を監督したのはNora Ephron。少しありえないシチュエーションをありえるかもと思わせるような見事な演出をしています。妻に先立たれたTom Hunksが息子と妻を思い出させる街シカゴからシアトルに引越します。しかし失われたものは大き...

続きを読む

Hotel Rwanda 2004

前回はカンボジアの悲劇の作品でしたが、こちらはアフリカのルワンダの話です。知り合いが「アフリカの問題は白と黒よりも黒と黒の方が根が深い」と話していましたが、この映画を観て痛感しました。ラジオから流れた感情的な内容のせいでそれまで気にしなかった「族」に対する感情が誤った方向に向かい多くの犠牲者や難民が出ることになりました。その当時ルワンダにあるホテルのマネジャーが多くの人をホテル内に囲み、その葛藤を...

続きを読む

The Killing Fields 1984

今でこそ発展地域として注目を浴びているカンボジアですが、厳しい過去がありました。この映画のもととなった記事を読んだとき衝撃が走りましたがその衝撃とサスペンスを映画は、さらにそれを植え付けました。Sam Waterson演じるThe New York Timesの記者がカンボジアに赴任している際に起こった記述を映画化したものですが、まったくの新人である、Haing S. Ngorが彼のアシスタントの役を新人離れした素晴らしい演技で映画の中心...

続きを読む

Terms of Endearment 1983

「Room」の評でDebra Wingerのことを記載しました。この映画でWingerは数多くの賞にノミネートされました。姉妹のような親子の姿をJames L. BrooksがMichael Goreの美しい音楽の流れに乗せて見事に表現しています。母は義理に息子に対して敵対心をむき出しにしながらも自分の娘に対しては厳しくもやさしく見守っていきます。娘は夫の転勤に振り回されながらも3人の子どもを育てていきます。母親は隣に住む元宇宙飛行士と恋仲になり...

続きを読む

Room 2015

2016年アカデミー賞の女優賞を受賞したBrie Larson。この映画で一躍脚光を浴びましたが既に長いキャリアを持っていた女優さんでした。観ながらDebra Wingerを彷彿させたのは筆者だけでしょうか。変質者に誘拐され部屋に閉じ込められていた親子がその部屋から抜け出し、「普通」の生活へ調整していく様を描いた映画です。映画はその部屋の世界しか知らない息子、Jackの語り口から始まります。既に5年はそこにいたはずなのにまるで昨...

続きを読む

Sling Blade 1996

映画はKarlという少し身体障害を持つ男を大学新聞記者がインタビューすることから始まります。障害を持っているからか、周りを気にせず自分のペースで自分の母親を殺すまでの経緯を語ります。その喋り方がこの映画のトーンを整えます。映画はやがてKarlがFrankという少年と出会うことにより20年離れていた普通の生活に戻っていきます。Frankは、シングルマザーに育てられていますが、母親の彼氏の態度が気になるKarlはやがて昔の自...

続きを読む

The Babadook 2014

最近の恐怖映画は、監視カメラを使用して恐怖を煽るのが多いようです。この映画はその中で人間の心理の変化をうまく捉えています。息子が生まれる寸前に自動車事故で夫を亡くしたシングルマザーが癇癪持ちの息子を育てるのに苦戦します。とにかく感情的に不安定な息子に対し観ているこちらまで気の毒になるほどです。ある日息子がどこからか「The Babadook」という絵本を読み聞かせるようにせがみます。その内容からBabadookという...

続きを読む

Still Alice 2014

認知症の人が徘徊して列車事故を起こしたことに対して家族への責任が軽くなる判決が言い渡されました。2025年には日本人の5人に1人は認知症になるとの予測もあるようです。この映画は若年認知症になった女性の物語です。この映画の鋭いところは認知症になるのが言語学者であるところです。Julianne Moore演じる著名な言語学者のAliceがスピーチしている途中で話の内容が漏れていきます。「I knew I shouldn’t have had that champa...

続きを読む

Under the Skin 2013

ビートたけしが久しぶりにハリウッド映画にScarlett Johanssonと出演するとの話題が最近ありました。彼女が出演した映画で最近印象に残ったのがこの作品です。Johansson演じる神秘的な女性が現れ、街を車で移動しながら男たちに道を尋ねていきます。彼女の誘惑に負け(理解できるとこもありますが)、車に同乗した男たちは不思議な光景の場所から異次元の世界に連れられ・・・・。Johanssonは、他の惑星から来た異人となっているの...

続きを読む

Body Heat 1981

2015年の12月に久々の公開となった「Star Wars The Force Awaken」の脚本を担当したのは、Lawrence Kasdanでした。引き締まった脚本のおかげで映画の内容が単なるSF映画にならず人間味溢れる内容になりました。Lawrence Kasdanは80年代にも多くの脚本を担当し、監督もしました。その中でも秀作なのがこの作品です。ストーリーはいたって簡単です。男と女が出会い、女には夫がいて邪魔になる。男は女のためと考え夫を殺害する計画を...

続きを読む

The Color Purple 1985

2016年のアカデミー賞の作品賞にSteven Spielbergの作品がノミネートされていました。近年はノミネートされるのが珍しくなくなってきていますが、個人的にはこの作品で受賞しなかったのがSpielbergのその後の作品に取り組む姿勢を定めたように思えるほどこの作品が1986年のアカデミー賞で作品賞を受賞しなかったのが不思議でした。2016年のアカデミー賞では黒人の役者の人たちのノミネートが話題になりましたが、80年代においては...

続きを読む

Creed 2015

この作品を「Rocky」シリーズの第六作と考えていいのでしょうか。確かにRockyのSylvester Stalloneはボクサーとしては年を取り過ぎていますね。いかにCGが優れた時代とはいえかなり無理があるように思えます。しかしながらタイトルは違っても彼が出てくるとどうしてもボクサーの姿を追いかけてしまいます。映画の内容はタイトルから最初わかりませんでした。Rockyという無名なボクサーにチャンスを与えたApollo Creedから来ている...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。